大量PC整備時代の必須ツール
職員の適正な勤務時間管理
機械を置くスペースと出退時間を入力する手間を省略
ダイジェスト ソフトウエア一覧 トップページ

1ライセンス単価100円
機械の市価10%以下に挑戦

製品及び事業(タイムレコーダー)
1 機能と特徴のまとめ
2 従来型勤怠管理との比較
3 製品概要
4 マニュアル
5 試用版
6 サポート
7 動作機種など
8 使用上の注意(必読!)
9 ソフトウェア使用許諾契約書
10 免責事項
11 更新履歴
12 購入方法
13 広がる多目的利用法
購入
タイムレコーダー Version8.3.15
20ライセンス価格(税込み)
【質問004】
サーバ送信機能を利用せず、クライアントの機能のみで利用できますか?
【回答】
はい。サーバのアドレスを指定しなければクライアントの機能のみで利用できます。
 この場合は、各クライアントのユーザに各クライアント単位で保存したログを印字出力させて、それをタイムカードとして、これまでのタイムレコード機と同じ運用方法として下さい。
 体裁良くタイムカードを印字するには、【質問005】をご覧下さい。
 ただ、この場合は、従来通り、印字されたタイムカードをさらに入力しなければならないという手間が発生しますので、この手間を省きたいのであれば、各クライアントのタイムレコーダーのログの保存場所をwindows共有設定していただき回収するか、各ユーザにログをメール等で送信してもらって回収して下さい。

戻る

Copyright 2006 株式会社ハイセライト