大量PC整備時代の必須ツール
職員の適正な勤務時間管理
機械を置くスペースと出退時間を入力する手間を省略
ダイジェスト ソフトウエア一覧 トップページ

1ライセンス単価100円
機械の市価10%以下に挑戦

製品及び事業(タイムレコーダー)
1 機能と特徴のまとめ
2 従来型勤怠管理との比較
3 製品概要
4 マニュアル
5 試用版
6 サポート
7 動作機種など
8 使用上の注意(必読!)
9 ソフトウェア使用許諾契約書
10 免責事項
11 更新履歴
12 購入方法
13 広がる多目的利用法
購入
タイムレコーダー Version8.3.15
20ライセンス価格(税込み)
クライアント単独で利用する場合の機能と特徴
本製品をクライアント単独で利用する場合、以下の利点があります。
  1. 各ユーザに難しい設定作業などの特別の知識を強要しない。
  2. 難しいインストール作業も必要でなく、PCを汚さずに済む。
  3. 各PCに記録されたCSVファイルは、そのまま開いて印字すればタイムカードとすることも可能。
  4. CSVファイルがタイムカードとして認められれば、社員規則や職員の勤務規則等でタイムカードの提出が義務づけられている職場でも、規定等を改正することなく直ちに利用できる。
  5. CSVファイルなので、使い慣れたエクセルなどの表計算ソフトで自由に加工できる。
  6. 締め日を自由に設定できる。
  7. CSVファイルには、INとOUTの合計時間が自動計算し出力される。(New!)
以上の、詳しい解説は、「こちら」をご覧下さい。
タイムレコードをサーバに送信させて利用する場合の機能と特徴
サーバを別途準備して、サーバへの送信機能を利用すると、以下の利点があります。
  1. クライアント機能とサーバ送信機能を併用することで、いずれかに記録されたデータはバックアップデータとなる。
  2. パソコンへのログオン時に直ちにサーバへ送信しようとするので、各ユーザが不正な改ざんを行い難い。
  3. サーバが正常に稼働していない時は、エラーメッセージを表示するので、既存サーバの正常動作確認ツールとして利用できる。
  4. 管理者は、各クライアントが正常に稼働していることを知るツールとして利用できる。
  5. 管理者は、平素把握が困難な
       「ホスト名+ユーザー名+IPアドレス+MACアドレス」
    を簡単に把握できるようになる。
  6. 別途、提供するWeb+dbサーバのサンプル、
       @IISまたはパーソナルwebサーバ
       AApache+PHP
    を参考に自由にアレンジしたサーバアプリケーションを開発できる。
  7. サンプルは汎用性を重視して作られているため、多くのデータベースソフトに対応しうる。
以上の、詳しい解説は、「こちら」をご覧下さい。
Copyright 2006 株式会社ハイセライト