大量PC整備時代の必須ツール
職員の適正な勤務時間管理
機械を置くスペースと出退時間を入力する手間を省略
ダイジェスト ソフトウエア一覧 トップページ

1ライセンス単価100円
機械の市価10%以下に挑戦

製品及び事業(タイムレコーダー)
1 機能と特徴のまとめ
2 従来型勤怠管理との比較
3 製品概要
4 マニュアル
5 試用版
6 サポート
7 動作機種など
8 使用上の注意(必読!)
9 ソフトウェア使用許諾契約書
10 免責事項
11 更新履歴
12 購入方法
13 広がる多目的利用法
購入
タイムレコーダー Version8.3.15
20ライセンス価格(税込み)
勤怠管理ソフトや社内で作成の報告専用ファイルに入力させて報告させていた場合との比較
 本製品を開発するに至った経緯は、弊社の株主様や支援者の皆様方より、市販の勤怠管理ソフトの多くが複雑であったり、社内独自の勤務制度に対応しきれていなかったりで、導入してもあまり利用されないケースが多いとお聞きして、開発するに至ったものです。
 本製品は、たった1回のクリックで、正確な勤務時間を記録していくことを試みようとするソフトですから、職員に入力の負担を強いるものではありません。
 また、自己申告システムではないことから、情報の正確さも期待できます。
 本製品は、各ユーザのログオンとログオフの時間を記録しようとしますので、ログオン、ログオフを頻繁に行うような場合は、見た目は1日の出退記録が複数のように見えますが、大抵は最初のログオン時間と最後のログオフ時間を出退時間とすることで問題はないと思われますので、その時刻を自動的に出退時間の参考時刻とするプログラムを組むことは可能でしょう。
 もちろん、パソコンが正常に起動しており、ログオンログオフを繰り返すようなことがない限り、連日、「入(IN)」と「出(OUT)」の2行で出力されるわけですから、そのままCSVファイルを印字し、これを出退報告に代えるということも可能でしょう。
 また、既存の多くの勤怠管理ソフトと連携すれば、さらに使い勝手の良い勤怠管理システムになるものと思います。

戻る
Copyright 2006 株式会社ハイセライト