大量PC整備時代の必須ツール
職員の適正な勤務時間管理
機械を置くスペースと出退時間を入力する手間を省略
ダイジェスト ソフトウエア一覧 トップページ

1ライセンス単価100円
機械の市価10%以下に挑戦

製品及び事業(タイムレコーダー)
1 機能と特徴のまとめ
2 従来型勤怠管理との比較
3 製品概要
4 マニュアル
5 試用版
6 サポート
7 動作機種など
8 使用上の注意(必読!)
9 ソフトウェア使用許諾契約書
10 免責事項
11 更新履歴
12 購入方法
13 広がる多目的利用法
購入
タイムレコーダー Version8.3.15
20ライセンス価格(税込み)
従来のタイムレコーダー機を利用していた場合との比較
 従来のタイムレコーダー機は、本人確認をしているわけではなく、他人のタイムカードを打刻するという不正が指摘されたり、給与計算時に出力用紙を見ながら入力するのが手間だという指摘が多かったことから、本製品は、この点を改善しようとし、以下の特徴を持たせています。

  1. 代理打刻PC時刻の不正調整等の不正が困難
  2. 時間を入力する手間を省略
  3. イニシャルコスト及びランニングコストの大幅な削減
  4. タイムレコーダー機を設置する場所の省略

以上の、詳しい解説は、「こちら」をご覧下さい。
勤怠管理ソフトで入力させて報告させていた場合との比較
市販の勤怠管理ソフトの多くは
  1. 複雑であったり、社内独自の勤務制度に対応しきれていない。
  2. 市販ソフトは導入してもあまり利用されないケースが多い
  3. 職員に入力の負担ログインの負担をかける。
  4. 管理設定、変更等が難しく後継者に簡単に引継できない。
  5. ユーザに簡単に変更されるような脆弱性が多々ある。
という指摘がありましたが、本製品は
  1. 導入時に数回のクリックとわずかな設定入力で、以後、正確なパソコンのログオン、ログオフを連日、しかも、自動記録するので職員に入力の負担をかけない
  2. プログラムと設定ファイルを一度配信したら、データベースはほったらかしで蓄積されるとともに、自動でサーバ時刻と同期をとるほか、サーバに設定ファイルを置くだけでクライアントの設定ファイルが自動更新されるので、管理が楽な割には、ユーザは設定や時刻を勝手に変更できない。
  3. 自己申告を主眼としていないので、情報の正確さが期待される。
という利点で問題を補おうとしております。

以上の、詳しい解説は、「こちら」をご覧下さい。
タイムカード用紙に手書きで報告させていた場合との比較
本製品は、毎日、タイムカード用紙に手書きで記載させて報告していた時と比較して以下の利点があります。
  1. 手書きする手間と時間を省略することができる。
  2. より正確な勤務時間の報告や把握が期待できる。
  3. 勤務時間を集計するのが楽になる。
  4. タイムカード用紙代というランニングコストを節減することができる。
以上の、詳しい解説は、「こちら」をご覧下さい。
Copyright 2006 株式会社ハイセライト